デルタ航空 アトランタ及びデルタ空港乗継で第三国へ渡航される場合のITIサービスについて

商品情報

デルタ航空の成田~アトランタ(DL296)又は成田~デトロイト線(DL276)をご利用になり、
アトランタおよびデトロイト空港でデルタ航空国際線に乗継をされる場合に適用される
ITI(International to International)プログラムの規定が変更になりました。

デルタ航空以外の航空会社が発行された最終目的地までのバゲージタグをお持ちの場合、
お預けになった手荷物をアトランタまたはデトロイト空港で一旦お受け取りになり、
再度お預けいただくことになりました。

この変更により、今後、お客様には次の2つのいずれかの方法をお選びいただくことになります。

例):伊丹空港-全日空->成田空港-デルタ航空->デトロイト-デルタ航空->サンパウロ

1) アトランタまたはデトロイトでお荷物を一旦受け取り、再度預け入れる。
>この場合は、アトランタまたはデトロイト空港にてお荷物を一旦お受け取りになり、
 税関審査の後、再度お預けください。

2) 成田空港にてお荷物を一旦受け取り、再度デルタ航空で最終目的地まで預ける。
>ITIプログラムが適用されますので、アトランタまたはデトロイト空港でのお荷物の受け取りは不要となります。
 国内の出発空港にて他の航空会社にお荷物を預ける際、「成田空港で荷物を受け取る」旨を
 ご利用航空会社の空港職員にお伝えいただき、手荷物の引換証(タグ)が成田空港までであることをご確認ください。

○ITI(International to International)プログラムとは、
 アトランタおよびデトロイト空港にてデルタ航空の国際線からデルタ航空の国際線へ
 乗り継がれるお客様に適用されるプログラムです。
 預け入れ荷物を同空港にて一旦引き取る必要がなく、
 アトランタおよびデトロイト空港からの国際線の最初の寄港地までのスルーバゲージが可能になります。

「PR」言葉の壁を越える!いつもポケットに入れて安心♪ポケトーク
icon
icon

The following two tabs change content below.
玉越 宏

玉越 宏

【仕入・マーケティングチーム マネージャー】 航空機が大好きで休みの日に時間が取れれば、成田空港や羽田空港に出かけ撮影しています。その際の写真も用いてご紹介していきたいと考えております。この仕事をしているからこそ得られる耳ヨリな情報をときには趣味的な視点を交えながらいち早くお届けしたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

商品情報
中国国際航空 杭州~ローマ線 2019年6月より新規就航

中国国際航空は、2019年6月12日より杭州~ローマ線の新規就航を発表いたしました。 《フライトスケ …

商品情報
国際観光旅客税をご存知ですか?

Contents1 国際観光旅客税とは2 子供の国際観光旅客税は3 国際観光旅客税の課税対象外の場合 …

商品情報
ティーウェイ航空 大阪~グアム Sale¥12,000~

ティーウェイ航空 が 4月出発で関空~グアムの キャンペーンを激安特価で!! 出発日は4/09・4/ …