知ってると便利!旅の豆知識 客室乗務員は「看護師」から誕生していた!

国内出張・旅行お役立ち情報

客室乗務員が、世界ではじめて誕生したのは1930年。
当時は、男性の客室乗務員が主流だったけど、サンフランシスコの病院に勤めていた女性看護師が、
「看護師の資格を持った女性のほうが、細やかなサービスができる」と売り込んだそうです。

こうして、世界初となる「女性の客室乗務員」が、アメリカの航空会社ではじめて採用されることに!
日本でも、それから1年後の1931年、東京航空輸送社が「エア・ガール」という呼び名で、
客室乗務員を採用しはじめました。

ちなみに客室乗務員は、1996年ごろまでは「スチュワーデス(乗客の世話をする女性乗務員)」と呼ばれていましたが、
今では性差のない「キャビン・アテンダント」や「フライト・アテンダント」と呼ばれているんです。

The following two tabs change content below.
玉越 宏

玉越 宏

【仕入・マーケティングチーム マネージャー】 航空機が大好きで休みの日に時間が取れれば、成田空港や羽田空港に出かけ撮影しています。その際の写真も用いてご紹介していきたいと考えております。この仕事をしているからこそ得られる耳ヨリな情報をときには趣味的な視点を交えながらいち早くお届けしたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

国内出張・旅行お役立ち情報
GWはムーミンバレーパークに行きませんか?

先月、2019年3月16日に待望のムーミンバレーパークが埼玉県飯能市にオープンしましたね! ムーミン …

ふじのくに茶の都ミュージアム
国内出張・旅行お役立ち情報
静岡県島田市 ふじのくに茶の都ミュージアム 富士山を望む茶畑に囲まれたお茶の博物館

今回はお茶どころ静岡県島田市にある「ふじのくに茶の都ミュージアム」を訪ねました。 ふじのくに茶の都ミ …

国内出張・旅行お役立ち情報
観光列車おいこっと号で楽しむ飯山線の旅 信濃川・千曲川

先週末は青春18きっぷを使って、JR飯山線に乗車して新潟県から長野県を旅しました。 その内、十日町駅 …