知ってると便利!旅の豆知識 客室乗務員は「看護師」から誕生していた!

国内出張・旅行お役立ち情報

客室乗務員が、世界ではじめて誕生したのは1930年。
当時は、男性の客室乗務員が主流だったけど、サンフランシスコの病院に勤めていた女性看護師が、
「看護師の資格を持った女性のほうが、細やかなサービスができる」と売り込んだそうです。

こうして、世界初となる「女性の客室乗務員」が、アメリカの航空会社ではじめて採用されることに!
日本でも、それから1年後の1931年、東京航空輸送社が「エア・ガール」という呼び名で、
客室乗務員を採用しはじめました。

ちなみに客室乗務員は、1996年ごろまでは「スチュワーデス(乗客の世話をする女性乗務員)」と呼ばれていましたが、
今では性差のない「キャビン・アテンダント」や「フライト・アテンダント」と呼ばれているんです。

The following two tabs change content below.
tamakoshi

tamakoshi

耳ヨリな情報をときには趣味的な視点を交えながらいち早くお届けしたいと思います。
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

J-AIR
国内出張・旅行お役立ち情報
日本航空 JL178便 山形空港発 羽田空港行き 搭乗記

今回はおいしい山形空港から羽田空港まで、日本航空JL178便を利用しました。 Contents1 日 …

国内出張・旅行お役立ち情報
札幌市交通局 路面電車(札幌市電)ぐるり一周乗り鉄たび

札幌市内の中心部を走る、札幌市交通局 路面電車(札幌市電)。 今回は、すすきの停留所から乗車、途中下 …

国内出張・旅行お役立ち情報
こんぴらさん参拝と讃岐うどん♪パーク&ライドでコトコトことでん電車の旅

こんぴらさん参拝と讃岐うどん♪パーク&ライドでコトコトことでん電車の旅 昨年末帰省した際、瀬戸大橋を …