知ってると便利!旅の豆知識 客室乗務員は「看護師」から誕生していた!

国内出張・旅行お役立ち情報

客室乗務員が、世界ではじめて誕生したのは1930年。
当時は、男性の客室乗務員が主流だったけど、サンフランシスコの病院に勤めていた女性看護師が、
「看護師の資格を持った女性のほうが、細やかなサービスができる」と売り込んだそうです。

こうして、世界初となる「女性の客室乗務員」が、アメリカの航空会社ではじめて採用されることに!
日本でも、それから1年後の1931年、東京航空輸送社が「エア・ガール」という呼び名で、
客室乗務員を採用しはじめました。

ちなみに客室乗務員は、1996年ごろまでは「スチュワーデス(乗客の世話をする女性乗務員)」と呼ばれていましたが、
今では性差のない「キャビン・アテンダント」や「フライト・アテンダント」と呼ばれているんです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

国内出張・旅行お役立ち情報
GWはムーミンバレーパークに行きませんか?

先月、2019年3月16日に待望のムーミンバレーパークが埼玉県飯能市にオープンしましたね! ムーミン …

国内出張・旅行お役立ち情報
風情ある温泉街で「浴衣」をレンタルしてお散歩しませんか?

そろそろゴールデンウィークも近くなり温泉など行って日頃の疲れを癒したり、 美味しい物を食べたりなんて …

国内出張・旅行お役立ち情報
東京タワー近くにあるベルギー発祥のベーカリー『ル・パン・コティディアン』

東京タワー近くにあるベルギー生まれのベーカリーレストラン日本1号店 『ル・パン・コティディアン』でラ …