JAL・日本航空 国際線プレミアムエコノミークラス「JAL SKY PREMIUM」体験

航空会社の耳ヨリ情報

先日催されたツーリズムEXPOジャパンに行った際、
JAL・日本航空さんのブースで今、導入路線の拡大が続いている
プレミアムエコノミークラスの座席を体験してきました。

まず、プレミアムエコノミークラスについて簡単にご紹介します。
飛行機のキャビンクラスの一つで、ビジネスクラスとエコノミークラスの中間クラス。
現在、プレミアムエコノミークラスは、全ての航空会社・路線に設定があるわけではなく、
JAL・日本航空、ANA・全日空等、一部の航空会社のみに設定がございます。
その特長は、通常のエコノミークラスよりもゆとりがある座席で、
快適に過ごせるようになっていること。
基本的には機内食・ドリンクはエコノミークラスと同じです。
なお、一部航空会社や路線では、エコノミークラスにプラスしたサービスとなっております。
また、空港のラウンジを使用可能な場合や、
専用チェックインカウンターの利用が可能な場合もございます。

image

JAL・日本航空さんのプレミアムエコノミークラスは、2016年10月現在
「JAL SKY PREMIUM」「JAL SKY SHELL SEAT」と2種類ございます。

「JAL SKY SHELL SEAT」はシートピッチ97cmのシェル型シートで、
主に日本~ハワイ路線で導入されています。

では、今回体験したの「JAL SKY PREMIUM」をご紹介していきます。
まず、普通の状態でシートの座り心地を確認してみました。

image

続いてシートを倒してみます。
スライド式リクライニング構造なので、座面が角度上向き気味に前方へ、
背もたれはヘッドレストが沈み込むように後方へ滑らかに移動。
フットレストと合わせて身体を休めるには、これは快適です。
ひと昔前のビジネスクラスという表現もあながち大げさではないですね。
ちなみにシートピッチは、約107㎝あるそうです。(エコノミークラスでは約86㎝)
隣の席の方との間に、センターディバイダー(間仕切り)があります。
また、JAL・日本航空さんの空港ラウンジを利用できるのも魅力ですね。
(ただし、搭乗便によって利用できない場合あり)

image

係の方の説明によると、当日空席があれば追加代金で利用も可能とのこと。
ただし、人気急上昇中の為、空きがないことも多いそうなので、
事前に予約ご購入されることを薦められていました。

image

現在プレミアムエコノミークラスは、
JAL・日本航空さんでは欧州・北米、東南アジア等中長距離路線で導入されています。
ビジネスクラスより割安に、エコノミークラスよりワンランク上の
シートを是非体感して下さいね。

The following two tabs change content below.
玉越 宏

玉越 宏

【仕入・マーケティングチーム マネージャー】 航空機が大好きで休みの日に時間が取れれば、成田空港や羽田空港に出かけ撮影しています。その際の写真も用いてご紹介していきたいと考えております。この仕事をしているからこそ得られる耳ヨリな情報をときには趣味的な視点を交えながらいち早くお届けしたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
航空会社の耳ヨリ情報
ユナイテッド航空 成田〜ホノルル・ワシントン 新B777-200型機を投入

ユナイテッド航空は、成田〜ホノルル・ワシントン線に、全便を新型シートを搭載した 新仕様のボーイング7 …

航空会社の耳ヨリ情報
エバー航空 台北桃園国際空港チェックイン終了時刻の変更

エバー航空/とユニー航空は、2019年3月31日より運航便のチェックイン締切時刻を 出発予定時刻の6 …

ティーウェイ航空
航空会社の耳ヨリ情報
ティーウェイ航空 中部国際空港~済州島線 2019年4月より新規就航

ティーウェイ航空は、2019年4月8日より「中部国際空港セントレア~済州島」線に新規就航することを発 …