自動入国審査端末利用でアメリカの入国手続きがスピードアップ

商品情報

アメリカ到着時、入国審査にかなり時間が掛かるったとのお話を伺います。
この状況を改善すべく、事前にESTA(電子渡航認証システム)認証された方を対象に、
アメリカ入国手続きを自動で行う
「自動入国審査端末(APC:Automated Passport Control)」が
北米各空港に導入されています。(以下APC端末と表記します。)


従来の手続きに比べて、かなり時間短縮になるようで、多くの方が利用しています。
また、税関申告書の記入が不要になります。


<手順>
1.空港到着後、APC端末の操作スタート(日本語の説明ガイドあり。最初に選択)
2.案内表示に沿ってパスポートを読み取り(スキャン)する。
3.APC端末で写真撮影
4.画面上の質問事項の回答(税関申告、個人情報、フライト情報など)
5.指紋採取の手続き
6.操作完了後、出てきた入国用の証明書(レシート)を受け取る。
7.入国審査官に先ほどの証明書(レシート)を提出して、
 渡航目的の確認など手続き。終了後、スタンプを捺される。


APC端末は日本から直行便が運航されている、
ニューヨークロサンゼルスシカゴなどに設置されていますが、
ホノルルなど導入されてない空港もありますのでご注意下さい。


shutterstock_2471856
シカゴ・オヘア国際空港

The following two tabs change content below.
玉越 宏

玉越 宏

耳ヨリな情報をときには趣味的な視点を交えながらいち早くお届けしたいと思います。
商品情報
スリランカ航空 受託手荷物の超過料金について

スリランカ航空からのリリースによりますと、 2019年12月15日より、受託手荷物の超過料金に関する …

商品情報
羽田空港国際線旅客ターミナルビルの名称変更について

2020年3月29日から予定されている、羽田空港第2旅客ターミナルビルの国際線対応施設の供用に伴って …

商品情報
大韓航空 羽田空港~ソウル金浦空港線 エコノミークラス受託手荷物キャンペーン

大韓航空は、2020年1月1日から2020年6月30日に羽田空港~ソウル金浦空港線をご利用のお客様を …