フィリピン航空 フィリピン国内線無料受託手荷物許容量の変更

商品情報

フィリピン航空では、2015年2月9日より、フィリピン国内線区間の無料受託手荷物の許容量を変更しました。
それによりますと、エコノミークラスのうち、従来適用がなかったBudget Economyクラスで10kgまで、
10kgまで許容量があったRegular Economyクラスでは20kまで、20kgまでだったPremium Economyクラスで25kgまでそれぞれ緩和されます。

 

shutterstock_38565532

 

但し、国際線区間と一体で発券される場合で、且つマニラで途中降機されない場合は、
国内線区間も国際線と同様のルールが適用されますのでご注意下さい。
(フィリピン航空の国際線区間の受託手荷物は個数制を採用。エコノミークラスは2個までとなっております。)

 

LCCの場合、別途有料になるケースが多いので、沢山の荷物を携帯される場合は、
比較してみる必要がありそうですね。

The following two tabs change content below.
玉越 宏

玉越 宏

耳ヨリな情報をときには趣味的な視点を交えながらいち早くお届けしたいと思います。
商品情報
スリランカ航空 受託手荷物の超過料金について

スリランカ航空からのリリースによりますと、 2019年12月15日より、受託手荷物の超過料金に関する …

商品情報
羽田空港国際線旅客ターミナルビルの名称変更について

2020年3月29日から予定されている、羽田空港第2旅客ターミナルビルの国際線対応施設の供用に伴って …

商品情報
大韓航空 羽田空港~ソウル金浦空港線 エコノミークラス受託手荷物キャンペーン

大韓航空は、2020年1月1日から2020年6月30日に羽田空港~ソウル金浦空港線をご利用のお客様を …